スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリ・ロンドン訪問記 その13 ロンドン(バース)編

古き良き温泉。
しかしながら、古すぎはしませんか?

時はさかのぼること12月4日12時頃バース・スパ駅周辺です

PC040059_convert_20141222204734.jpg
まんまるの地図。
おしゃれ。

PC040076_convert_20141222204821.jpg
こちらでもクリスマス市。

PC040077_convert_20141222204841.jpg
賑わっております。
日本の縁日は違いますねー。
どっちがいいかというとバースのほうかな。

PC040080_convert_20141222204904.jpg
メリーゴーランド
クリスマス期間中のみだとか。
不思議と風情を壊していないように思えますね、

PC040083_convert_20141222204949.jpg
テラス・ハウス

PC040092_convert_20141222205033.jpg
サークル状になっています。

PC040089_convert_20141222205019.jpg
いいところきた。

では、ローマ式浴場へ向かいます。
PC040098_convert_20141222205105.jpg
ああ、なんていいとこなんだ。
この先に行ってみたいけど、誰もいないでやめときました、
日本じゃないもんね。

PC040103_convert_20141222205212.jpg
どこにあるか探したよ!
世界遺産のマークがないと気づかないかも。

PC040113_convert_20141222205238.jpg
入場料13.5ポンド(約2430円)
いいお値段ですなー
日本語ガイドもあるので助かります。

PC040118_convert_20141222205311.jpg
これです。

PC040120_convert_20141222205332.jpg
大きいと見えますか?小さいと見えますか?

PC040122_convert_20141222205353.jpg
実際はね、町の銭湯ぐらいの規模でしたよ。うん。

PC040126_convert_20141222205424.jpg
温度はぬるめ。
マイナスにはいっていないもののとっても寒いバース
果たして、ここで気持ちよく浸かれたのでしょうか...?

PC050134_convert_20141222211341.jpg
とはいえ、
イギリスにいながらローマ時代を感じられるバース。
とっても、いいところでした。


スーパーでまたしてもお土産物色?

次回へ続く!


-パリ・ロンドン訪問記 バックナンバー-
・パリ・ロンドン訪問記 その1 出国‐(乗継)→入国編
・パリ・ロンドン訪問記 その2 パリ(ノートルダム寺院)編
・パリ・ロンドン訪問記 その3 パリ(エッフェル塔)編
・パリ・ロンドン訪問記 その4 パリ(モンマルトルの丘)編
・パリ・ロンドン訪問記 その5 パリ(日本人街・ガラスのピラミッド)編
・パリ・ロンドン訪問記 その6 パリ(ルーブル)編
・パリ・ロンドン訪問記 その7 パリ(凱旋門)編
・パリ・ロンドン訪問記 その8 パリ(RER・メトロ・おまけ)編
・パリ・ロンドン訪問記 その9 パリ(スーパー)→ロンドン編
・パリ・ロンドン訪問記 その10 ロンドン(ウエストミンスター寺院・ビックベン)編
・パリ・ロンドン訪問記 その11 ロンドン(バッキンガム宮殿・タワーブリッジ・ピカデリーサーカス)編
・パリ・ロンドン訪問記 その12 ロンドン(ファースト・グレート・ウェスタン)編
・パリ・ロンドン訪問記 その13 ロンドン(バース)編
・パリ・ロンドン訪問記 その14 ロンドン(スーパー)編
・パリ・ロンドン訪問記 その15 ロンドン(チューブ)→帰国編










~余談~
PC050139_convert_20141222211353.jpg
バース・スパ駅構内に「出汁」という売店がありまして、
そこでサンガリアの緑茶が売っていました。
この緑茶、日本で販売されているものと全く同じで、
[国産]と記載。
どこの国産だー?

で、ここの店員。帽子、被っていたんですよ。
阪神タイガースの。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © my pirka All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。