スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリ・ロンドン訪問記 その6 パリ(ルーブル)編

写真撮影OK!ルーブル美術館!
って、ことで「モナ・リザ」も撮ってきました。
広いよ!ルーブル!

時はさかのぼること12月1日15時頃ルーブル美術館です。

PC010431_convert_20141217003400_2014122221042251e.jpg
絵画だけじゃなくて、天井も作品?
恐ろしいぞ、ルーブル。

PC010433_convert_20141217003413_20141222210418f0d.jpg
「ミロのヴィーナス」
言わずと知れた謎の名作。

PC010436_convert_20141217003445_20141222210413a94.jpg
土の中にあったからそこの美しさなのかなぁ、、、

PC010440_convert_20141217003522.jpg
案外、猫背なのね。

PC010460_convert_20141217003551.jpg
大階段を登るとミケが待っています。
外観と結び付かない開放感、

PC010462_convert_20141217003614.jpg
「サモトラケのニケ」
船の先っちょに乗っています。

PC010467_convert_20141217003709.jpg
海風が見える!?

PC010471_convert_20141217003730.jpg
では、モナリザに向かいましょう。
モナリザに関しては案内板がありました。

PC010479_convert_20141217003812.jpg
「モナ・リザ」
派手過ぎず、シンプル過ぎず、細か過ぎず、ぼやかし過ぎず、
やじろべえに立っているような作品。
天才と呼ばれる理由がこの一枚でわかる気がします。

PC010486_convert_20141217003835.jpg
このようにガラスに保管されており、近くに寄れません。

PC010474_convert_20141217003746.jpg
「洗礼者聖ヨハネ」
こちらもダ・ヴィンチ作。
何を思ってこの絵画を描いたの?

PC010512_convert_20141217003901.jpg
「民衆を導く自由の女神」
これを見るためにルーブルを歩き回りましたよ。
端っこまで行って、係員に携帯の画面を見せて「これが見たい」。
すると係員「Next モナリザ」。
あまりにもシンプルな答えにポカーン。
そんなこんなで苦労して見つけた作品なのです。

ルーブルはどんだけ歩いても足は疲れない。目が疲れる。


ねぇ、「凱旋門」知ってる?
次回へ続く!



-パリ・ロンドン訪問記 バックナンバー-
・パリ・ロンドン訪問記 その1 出国‐(乗継)→入国編
・パリ・ロンドン訪問記 その2 パリ(ノートルダム寺院)編
・パリ・ロンドン訪問記 その3 パリ(エッフェル塔)編
・パリ・ロンドン訪問記 その4 パリ(モンマルトルの丘)編
・パリ・ロンドン訪問記 その5 パリ(日本人街・ガラスのピラミッド)編
・パリ・ロンドン訪問記 その6 パリ(ルーブル)編
・パリ・ロンドン訪問記 その7 パリ(凱旋門)編
・パリ・ロンドン訪問記 その8 パリ(RER・メトロ・おまけ)編
・パリ・ロンドン訪問記 その9 パリ(スーパー)→ロンドン編
・パリ・ロンドン訪問記 その10 ロンドン(ウエストミンスター寺院・ビックベン)編
・パリ・ロンドン訪問記 その11 ロンドン(バッキンガム宮殿・タワーブリッジ・ピカデリーサーカス)編
・パリ・ロンドン訪問記 その12 ロンドン(ファースト・グレート・ウェスタン)編
・パリ・ロンドン訪問記 その13 ロンドン(バース)編
・パリ・ロンドン訪問記 その14 ロンドン(スーパー)編
・パリ・ロンドン訪問記 その15 ロンドン(チューブ)→帰国編








~余談~
PC010437_convert_20141217003458.jpg
あなたはどんな気持ちで立っているのだろうか。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © my pirka All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。