スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北・北海道遠征その15 函館観光 五稜郭編

函館市電に乗車し、五稜郭に向かいます。

時はさかのぼること14:10頃五稜郭公園前駅です。

P2041048_convert_20130211192611.jpg
五稜郭公園前駅で下車し、少し歩いたところに五稜郭があります。
これから五稜郭タワーに登ります。
残念ながらタワーロボに変身するところは見れませんでした(笑)

P2041050_convert_20130211192647.jpg
空中城砦ゴリョウカクではなく、五稜郭です。
宇宙には行きません。

P2041051_convert_20130211192723.jpg
函館奉行所です。
この奉行所は地下に隠すことができるんです(笑)
もう、イカール星人ネタやめよう.......

P2041053_convert_20130211192742.jpg
五稜郭の模型です。
北海道では何かと星マークを使いますがルーツはこれかな?

P2041055_convert_20130211194345.jpg
五稜郭タワーの展望室はただ展望するだけではなく、
五稜郭がどのようにして誕生したかなどの歴史がわかるようになっています。

P2041056_convert_20130211194413.jpg
小さいながらリアルです。

P2041068_convert_20130211194500.jpg
世界中の星形城郭写真が載ってます。
これらの写真を見比べると、五稜郭が一番キレイな星形をしているように思えます。
ちなみに五稜郭はフランスから提供された情報・技術が基になっているようです。

P2041058_convert_20130211194427.jpg
これがイカール星人とタワーロボ

P2041063_convert_20130211194537.jpg
土方歳三像です。五稜郭を背に向けてます。

P2041081_convert_20130211194733.jpg
五稜郭タワーを下りて、五稜郭跡に向かいます。

P2041080_convert_20130211194647.jpg
もう一度ちゃんと撮っておこう。

P2041083_convert_20130211194816.jpg
これ、お堀です。

P2041091_convert_20130211194851.jpg
函館奉行所
入るには入場料が必要です。もちろん宇宙人も。

P2041096_convert_20130211195251.jpg
五稜郭を後にします。

次回は函館といえばの場所に行きます。

その16[函館観光 八幡坂・函館山編]につづく!






~余談~
P2041114_convert_20130211195315.jpg
五稜郭から日吉まで行くようです。
東横沿線民はさぞかしびっくりすることでしょう......
「綱島あたりで撮った写真です」と言ってもバレなさそう(笑)

にほんブログ村 鉄道ブログ 東急線へ
にほんブログ村
↑いつもありがとうございます。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © my pirka All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。