スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北・北海道遠征その2 福島交通前編

菊名から在来線で乗りついで福島までやって来ました。

時はさかのぼること2月2日正午福島駅東口。

P2020054_convert_20130208110030.jpg
東口から出て、左に曲がるとあります。
ご覧の通りビルに挟まれ存在感は少ないです。

P2020060_convert_20130208110103.jpg
福島交通と阿武隈急行の共同駅になってます。
1面2線でそれぞれ1線ずつ使用しています。

P2020067_convert_20130208110122.jpg
阿武隈急行8100系
ドアチャイムがディズニーリゾートラインと同じでした。

P2020068_convert_20130208110140.jpg
券売機です。食券と同じようなものでした。
地方鉄道ではよくあることなのですが、タッチパネルだった
十和田観光電鉄は一体何者・・・・・・?

P2020073_convert_20130208111026.jpg
いい電1日フリーきっぷで乗車します。
一日乗車券のほかに飯坂温泉の入湯券も付いています。
また、使用後しおりになるという工夫されたもので、
デザインも発売時期によって春夏秋冬の計4種類あります。
ちなみに今回は冬.verでした。

P2020075_convert_20130208111047.jpg
飯坂電車7000系がやってきました。
この車両は元・東急7000系です。先頭車は中間車を改造したものなので、車体は7000系なのに顔は9000系みたいな車両です。

P2020074_convert_20130208111300.jpg
鉄コレ7000系ではわかりませんでしたが、
この「FKK」癖のある字体なんですね。

P2020081_convert_20130208111203.jpg
車内はこんな感じです。
とってつけたような冷房があります。

P2020082_convert_20130208111217.jpg
名残り発見!

P2020083_convert_20130208111240.jpg
座席は水色のものになっています。

P2020085_convert_20130208111326.jpg
途中、桜水駅は車両基地が併設されています。
写真に写ってる車両は朝ラッシュ専用の3両編成です。

P2020086_convert_20130208111349.jpg
こちらも車両を倉庫として利用しているようです。






この後、終点飯坂温泉駅の手前の花水坂駅で下車し、
飯坂電車を撮影します。

その3[福島交通後編]につづく!


~余談~
P2020087_convert_20130208111403.jpg
飯坂電車の路線図なのですが、
人の名前のような駅が連なっていました。
単なる偶然かな?

にほんブログ村 鉄道ブログ 東急線へ
にほんブログ村
↑いつもありがとうございます。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © my pirka All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。