スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東横線×雪 2013

本日、大雪警報がでるほど雪が降っていたので、
雪に対する新しいカメラの性能テストと私自身の耐寒テストを踏まえて、東横線×雪の撮影を行ってきました。
P1140072_convert_20130114143356.jpg
さっきまで、雨だったのにいつの間にか雪に・・・・

P1140081_convert_20130114143656.jpg
9000系 特急 渋谷行きです。
片手に傘を持ちながらの撮影で頑張った結果です。

P1140098_convert_20130114144350.jpg
もう少し早く屋根ができてたらなぁ・・・・・・・・
今日は屋根がないせいか先頭車は比較的に空いてました。

P1140140_convert_20130114150906.jpg
これ、本当に横浜かい?

P1140114_convert_20130114144633.jpg
雪の中頑張ったで賞
9000系は平面顔なので直に雪があたります。

P1140141_convert_20130114150627.jpg
こっちも受賞かな

ここからは新しいカメラの機能を利用して、
ミニチュアモードで撮影した写真を載せたいと思います。

P1140124_convert_20130114150238.jpg
何度撮ってもあきない駅舎です。

P1140144_convert_20130114150754.jpg
さきほどの03系です。
この後、折り返し北千住に行くことなく回送になりました。

P1140152_convert_20130114151310.jpg
撮影時、横浜線は運転見合わせでした。
20歳になった横浜市民大丈夫かな・・・・・

P1140159_convert_20130114154733.jpg
もし、5050系が譲渡されたらこうなるのかなぁと想像してみたり。







~余談~
P1140153_convert_20130114151341.jpg
ゴミ収集車もチェーンを付ける対策はしているようですが、
最寄りの集積所までたどりついてません。
坂道だもんね.....

にほんブログ村 鉄道ブログ 東急線へ
にほんブログ村
↑いつもありがとうございます。
スポンサーサイト

コメント

 
こんにちは。あの日は寒かったですね。
カメラの調子はいかがでしたか?

僕もちょっとスナップを撮っていたのですが、気温低下で突然モニターの画像チェックができなくなり、壊れた画像は一旦諦めました。

ところが帰りの電車内でカメラの温度が回復すると、諦めていた撮影画像がちゃんとモニターに写り安堵しました。

防寒対策が必要だと痛感しましたね。
私も東横線を撮りました。
首都圏は元々「雪」の少ない上、今回のような「大雪」は希なことだと思いまして。
9001Fを撮りましたが、前面雪だらけで9001Fであるかどうか判別不可能です。
そんなわけで、ホームページへの掲載はまだしておりません。
写真共有サイトの「フォト蔵」にアップデートしてあります。但し、セキュリティの関係で
「友達」しか見えません。他にも横浜線を撮られた方がいました。
> ダイスケ氏 コメントありがとうございます。

カメラの調子は大変よく、全くトラブルがなく撮影できました。
カメラとはいえ精密機械ですから急激な温度差があると
心配になってしまいます。

私も防寒対策について痛感しました。
何も用意せずに撮影に向かった為にカメラに雪が当たってしまいました。

今度、雪の降る地方へ旅行するので今回の経験を踏まえて準備したいと思います。
場所はまだ内緒で!
大雪の時の写真、Y505Fの「後追い」、
Y504F、9001F、5156Fの写真をそれぞれのページに追加しました。
あの日は、撮影地を自宅近くにしたため、カメラにハンドタオルをかぶせただけでした
が、防寒具ってどうしたら良いでしょうか。

そう言えば、昨年末に「新宿御苑」に行った時に一緒させて戴いた人たちが、カメラに
防水の布地をかぶせていました。しかも、「手製」でした。
ホームページを拝見させていただきました。
あの日の吹雪と寒さを思い出しました。

まだ、カメラが壊れた事が無い人の意見ではありますが、
カメラの防寒具については、ビニール袋程度でいいような気がします。

でも、これから行く旅先ではビニール袋で痛い目にあいそうですが・・・・・・・・

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © my pirka All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。