スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青森遠征その6 弘南鉄道編

青森駅から乗車した特急つがるで大鰐温泉駅を目指します。

P7160048_convert_20110718201910.jpg
弘南鉄道大鰐線の高架橋です。
後で乗る事になるのですが、ちょっとした恐怖が・・・・・・

P7160055_convert_20110718202106_20110720214800.jpg
大鰐温泉駅到着!
何気にLEDになっちゃたりしています。

P7160056_convert_20110718202013_20110720214759.jpg
ちょっとした、工夫。

P7160062_convert_20110718202212.jpg
東北らしいですね。

P7160063_convert_20110720214430.jpg
なんか、やってきた。

P7160065_convert_20110720214606.jpg
弘南鉄道大鰐線です。
基本的に7000系のみの運転です。

P7160110_convert_20110720215301.jpg
この大鰐温泉駅にはステンレス・アルミ・全鋼など、
いろんな種類の車両がやってきます。

P7160090_convert_20110720215102.jpg
ラーメン屋みたいなマーク(笑)

P7160077_convert_20110720214751.jpg
大鰐線の発車までまだ20分あったので、
大鰐温泉駅から歩いて123歩で到着する
「大鰐町地域交流センター鰐come」でおみやげやらを購入しました。
この施設は「道の駅」ならぬ「湯の駅」で、
日帰り入浴ができます。(大人500円)

P7160082_convert_20110720214839.jpg
大鰐温泉駅前にあるシンボル的な存在なこいつ。
大鰐温泉(おおわにおんせん)なので、
大きなワニです。

P7160100_convert_20110720215201.jpg
大鰐線に戻りましょう。
どうやら、このシルバーシートのマークも東急時代の名残みたいです。

P7160086_convert_20110720215010.jpg
この日の天気は曇りか雨だったのに、晴れ間が見えました。
それにしても、東急の車両って山とか森とかに似合わないな・・・・・

P7160114_convert_20110720215537.jpg
付け足し機器が多いなぁ・・・・・・

P7160140_convert_20110720221209.jpg
京阪と同じですね。

P7160123_convert_20110720215638.jpg
車内の様子です。
座席のモケットが変わっているところが
一番の変更点じゃないでしょうか?

P7160115_convert_20110720215412.jpg
このつり革のりんごは舞浜リゾートラインのつり革よりも好きです。
しかし、ここもやはり東急時代のお古ですか・・・・・・
(保存状態は十和田観光よりもいい)

P7160130_convert_20110720221258.jpg
これをつまんで窓を開けることだけが大好きです。
あのガチャって音がたまらん!

P7160144_convert_20110721195022.jpg
中央弘前に向けて出発し、津軽大沢駅では、
唯一現存する6000系に遭遇。
どうやらこいつ、行った日の次の日に動いたらしく、
まさしく引退詐欺ってやつですね(笑)

P7160145_convert_20110721195120.jpg
地方私鉄ではよくあること。

P7160465_convert_20110721195302.jpg
中央弘前駅に到着!
駅のなかにある鯛焼きやは臨時休業でした。

P7160470_convert_20110721195735.jpg
川沿いに敷設されています。
そのため、出発してすぐはくねくねの徐行です。

P7160473_convert_20110721195632.jpg
中央弘前駅近くにお犬様がっ!

P7160477_convert_20110721200634.jpg
たか丸くんかわいいよ。
ちなみにたか丸くんストラップをおみやげに買いました。

P7160482_convert_20110721200352.jpg
迷いながらも弘前駅に到着!
中央弘前駅から弘前駅は地味に迷う。

P7160483_convert_20110721200508.jpg
青森の中で一番きれいでかっこいい駅だと思います。

P7160493_convert_20110721200826.jpg
弘南鉄道黒石線
この路線も時間の都合上乗れなかったので、
次は必ず乗りたいと思います。

P7160507_convert_20110721201115.jpg
黒石線は青色です。
このまわりの何かを取り外した跡は
東急のエンブレムを撤去した跡なのだろうか?

P7160504_convert_20110721201446.jpg
駅名板はJR東海ぽい

P7160513_convert_20110721201549.jpg
寝台特急あけぼのに乗って帰ります。
東日本パスは1日有効ですが、その日のうちに乗車して、
途中下車しなければ、運賃のみ有効になります。
ですので、別にB寝台券と特急券が必要になります。
(ちなみに、金額は9450円でした。)

P7160514_convert_20110721201811.jpg
B寝台の上しか空いていないってことで、
上段で就寝します。
白い紙袋はおみやげです。

P7160519_convert_20110721201710.jpg
あけぼのは車内販売や自動販売機の設置がまったくないので
余分に飲み物を買っておきましたが、
一応、生ぬるい飲料水があるので、必要な分だけ
買っておく事をお勧めします。

P7160544_convert_20110721201942.jpg
この駅でバカみたいに長時間停車していておかしいと思っていたら、
信号トラブルだったそうです。
上野に1時間遅れて到着しました。
その後、自宅まで乗りついで9時には帰宅しました。









~後日談~

P7210558_convert_20110721211642.jpg
十和田市駅にて販売してた現品限りのマグカップと
三沢駅の窓口で買った「三沢→古里」の硬券。

「青森遠征」というよりも「青森日帰り旅行」に近いですが、
実際には寝台での車中泊があるので正確には1泊2日の旅です。
青森は気温が比較的に低く、過ごしやすかったです。
また、町のひとつひとつに魅力があり、
何度も行ってもあきないところだと思います。
現在、3.11の影響で東北の交通機関をはじめ、
宿泊機関、観光施設が大きなダメージをうけ、
なんとか再開できたところでも客足が滞る状態です。
まだ、余震が続いて行った出先でもしものことがあったらどうしようと
考えてしまいがちです。
その気持ちもわからなくもありませんが、
少なくとも、青森に行っても帰ってこれることは自分が実証しましたので、
ぜひ、旅行の候補として考えてほしいです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 東急線へ
にほんブログ村
↑いつもありがとうございます。

スポンサーサイト

コメント

 
はじめまして。
先日、私は東北駆け足旅行をしたさい弘南鉄道の大鰐線に乗りましたけど、エンジの昔の東急電車のシート(かなり昔の京王電車もこんな色のシートでしたけど)と吊り手広告は、さながら昭和時代の東急電車に逆戻りした様な感が致しました。
流石にローカル私鉄ゆえに扉まわりの吊り手は撤去(取付金具が名残をしのんでた)されてたものの、冷房もなく原形をとどめてるこの電車こそ、昭和の懐かしい香りがしてたまらなかったです。
でも、乗り心地は揺れやすい台車だった為にじゃじゃ馬チックだったけど、これもまたアダルトな味ゆえ格別な感じの揺れ具合でした。
いま、東急電車のふるさと・渋谷界隈は再開発工事が始まり、吊り手広告にある東横のれん街も以前あった東館の撤去により移転して再オープンするなど、段々と変わりつつあるものの、名残あるもと東急電車の車両,いつまでも元気で活躍してくれる事を唯々祈るのみであります。
では、失礼します。

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © my pirka All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。