スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高島山隧道4月頃オープン予定!

前日、横浜に行ったついでに
旧東横線跡に寄ってみました。
去年の10月に訪れた際、高島山隧道が
完成しているのにオープンしておらず、
確認のため寄りました。

P2052565_convert_20110206101410.jpg
アレ?去年は整備が終わっていたのに
また、工事?

P2052562_convert_20110206101526.jpg
貼り紙があったので見てみると・・・・・・。

平成21年度に緑道としての仕上げ工事を行った際に、
反町駅側入口のコンクリート壁に亀裂が見つかりました。
このため、補修方法について検討、設計、工事精算などを行い、
平成22年10月28日に施工業者と工事契約を締結し、工事を進めてます。
この補修工事では、トンネル入口上部のコンクリート壁を補強するため、
その前面に新たなコンクリート壁を設置します。
年度内に補修工事を完了させ、平成23年度4月オープンを目標に
整備を進めております。
緑道のご利用のみなさまには、いましばらくご不便をお掛けしますが、
ご理解、ご協力をよろしくお願いします。


との文章が・・・・・・
なるほど、だからオープンしてないわけだ。
反町駅側に行ってみる事に

P2052572_convert_20110206101813.jpg
おお、やってますね。

PA023219_convert_20110206102134.jpg
ちなみにこの写真は2010年10月に撮影したもの

PA023225_convert_20110206102217.jpg
よく見るとトンネルの左上と右上の2か所に
亀裂がありますね。
ちょっと、見にくいので写真をクリックして見てください。

話を現在に戻す。

P2052577_convert_20110206101900.jpg
費用はなんと、11,387,250円!
一千万も掛かるとは・・・・・・・
そもそも、この亀裂は東横線が廃止され
保守をやらなくなったから、起きたものか
それとも、老朽化によるものか
だとすると、東急は良い時期に廃止にしたもんだ。

P2052579_convert_20110206101953.jpg
過去を思い出させるトンネル内のライト
あの頃がなつかしい・・・・・・。


実はこの高島山トンネルは
以前にも亀裂ができたことがあるんです。
それは、大正15年のことです。
亀裂が発生したのは竣工前ですなわち、
神奈川線(現・東横線)が開業する前に
起きたのです。
大正15年、着々と神奈川線(現・東横線)の工事が進み、
目黒蒲田電鉄の完全バックアップのもと、
大正15年2月14日の開業に決定し、
高島山隧道は大正15年1月に竣工予定だった。
しかし、竣工間際になって、隧道の頂部に亀裂が入り、
陥没の恐れがあった。
これだと、ギリギリの2月の竣工も危なくなり、
関係者らを総動員し、丸太やレールで支えることにより陥没を防ぎ、
なんとか2月14日の開業に間に合わせた。



なんで、こんな情報を知ってるかって?
そりゃ、手のひらぐらいの厚さの本を読んだからです(笑)







~余談~
PA023184_convert_20110206102433.jpg
東横フラワー緑道のいたるところにあるレール
ここに鉄道が走っていたことを後世に
伝えるものだそうです。
ちょうど、このレールの長さが
電車1両分ぐらいなのでですよね。
ここにこれから引退する車両を保存してほしいです。
8000系を持ってこい、なんて言いませんから
せめて、9000系を保存して欲しいです・・・・・。


にほんブログ村 鉄道ブログ 東急線へ
にほんブログ村
↑いつもありがとうございます。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © my pirka All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。