スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新春’箱根・小田原散策その3 小田原城散策編

箱根駅伝の応援も終わり、
このまま帰る予定でしたが、天気も良くなったことですし、
海を見にもう一度小田原で途中下車しました。

時は、さかのぼること2015年1月2日14時頃小田原城二の丸付近です。

P1021047_convert_20150103130119.jpg
学橋。

P1021050_convert_20150103130245.jpg
天気がよくてよかった!

ここから、天守閣を目指します!
P1021055_convert_20150103130315.jpg
馬出門。
一番最初の門です。

P1021056_convert_20150103130403.jpg
天守閣があんな遠いところに、、、

P1021058_convert_20150103130334.jpg
直角に何度も曲がります、、、

P1021062_convert_20150103130521.jpg
住吉橋。

P1021064_convert_20150103130507.jpg
銅門。

P1021074_convert_20150103130614.jpg
赤い橋を渡り、階段を登ればすぐそこ。

P1021079_convert_20150103130629.jpg
常盤木門。
ここをくぐれば、天守閣に到着です!

郷土文化館のクスノキが気になったので紹介。
P1021093_convert_20150103130716.jpg
報徳二宮神社の木もすごかったけど、
こちらも横によく広がっています。

P1021097_convert_20150103130752.jpg
これ、一本の木なんです。
いつごろからこの地に生きているのでしょうか?

海を目指していると、
P1021105_convert_20150103130930.jpg
西海子路地。

P1021108_convert_20150103130947.jpg
桜並木なんです。
キレイに整えられていますね。

そして、
P1021124_convert_20150103132434.jpg
波が引く音、石が転がる音、足音は私だけ。


今回の旅は、箱根駅伝の応援しにいくという名目で、箱根・小田原を訪れました。案の定、選手の応援よりも私自身が楽しむ旅となってしまい、旅の趣旨が変わっている気がするけど、まぁいいか。
城下町ということもあり、散策していてとても楽しく過ごせる街。
「文化」といいますか、そういうものが根付いているように思えました。

富士山も見た。鷹も見た。なす、食べてない...

最後に、
皆さま方にとってより良い年でありますようお祈り申し上げます。



-新春’箱根・小田原散策-
・新春’箱根・小田原散策その1 小田原城天守閣編
・新春’箱根・小田原散策その2 城周辺と応援
・新春’箱根・小田原散策その3 小田原城散策編








~余談~
P1021193_convert_20150103132939.jpg
水曜どうでしょうで小田原城と紹介されたういろう屋さん。
往路の小田原中継所の向かいにあります。
昔「ういろう」は薬として売られていた名残で薬局でもあるんです。

P1021195_convert_20150103132952.jpg
このういろう屋さんは欄干橋にあり、
二代目市川團十郎で有名な「外郎売」のういろう屋さんです。

スポンサーサイト

新春’箱根・小田原散策その2 本丸周辺と応援編

旅の目的「箱根駅伝」
応援を兼ねて、湯本まで散策です。

時は、さかのぼること2015年1月2日10時20分頃小田原城です。

P1020894_convert_20150102233738.jpg
豆汽車 80円...
豆汽車として走行しているところは他にあるのかな?

P1020900_convert_20150102233759.jpg
普段は、30分おきの走行。
土日などは人数に応じて増発してくれるようです。

P1020916_convert_20150102233853.jpg
私が幼い時に乗った豆汽車。
未だに残っているっていいですよね。
昔ながらのものがいいという訳じゃないくて、
乗車する子供からすれば、古いも新しいもないから。

P1020939_convert_20150102234104.jpg
報徳二宮神社。

P1020931_convert_20150102233946.jpg
伊勢神宮から頂いた柱。
こちらも20年に一度しか見れないはず。

P1020938_convert_20150103174032.jpg
神社の横にそびえる木。

P1020935_convert_20150102234012_201501031336113c2.jpg
力強さを感じさせます、、、

では、箱根駅伝を応援!
P1020954_convert_20150102234233.jpg
ところどころで配っているものなんですね。これ。

P1020958_convert_20150102234511.jpg
進みます。
天気もすっかりよくなり、お日さまが路面の氷を溶かしてくれました!
山の神って、いるのかもしれませんね。

P1020965_convert_20150102234601.jpg
MSEが似合う空。

P1020967_convert_20150103115245_2015010317451687b.jpg
鈴廣の「かまぼこの里」です。
試食のかまぼこがあまりにも美味しくてお土産に購入。
もう、スーパーのかまぼこは食べられない,,,

P1020968_convert_20150103174056.jpg
おっ!やってきました。
ここで、選手たちを応援します。しました。
私は平坦な道での応援ですが、
彼らはさらに過酷な道で競うんですよね。
声援になったのかな...

P1021007_convert_20150103174756.jpg
もうすぐ、箱根湯本。

P1021025_convert_20150103140008.jpg
到着!

P1021028_convert_20150103120100.jpg
モハ1形を見かけたので、駅近くの高台から。
この車両を見ないと箱根に来た気がしませんね。
この日は登山鉄道に乗るのに1時間待ち。鉄道なのかい?

P1021036_convert_20150103121549.jpg
箱根湯本の街並みをブラブラした後、
小田原に戻りました。

もう一度、小田原城に向かいます。

次回に続く!


-新春’箱根・小田原散策-
・新春’箱根・小田原散策その1 小田原城天守閣編
・新春’箱根・小田原散策その2 城周辺と応援
・新春’箱根・小田原散策その3 小田原城散策編








~余談~
P1020940_convert_20150102234120.jpg
報徳二宮神社は二宮尊徳(二宮金次郎)を祀った神社なのです。

「経済なき道徳は戯言であり、道徳なき経済は犯罪である」

新春’箱根・小田原散策 その1 小田原城天守閣編

お正月の風物詩。「箱根駅伝」
お正月らしいことをしたいと思い小田原に。
ついでに散策しました。

時は、さかのぼること2015年1月2日9時頃小田原駅です。

P1020805_convert_20150102223656_201501031336141c1.jpg
9:07
来るたびにいい駅だなーと思います。
駅伝が通過するまで時間があるのでさんさく~

P1020831_convert_20150102223719.jpg
小田原駅より線路沿いに歩いて、小田原城に向かいます。

P1020833_convert_20150102224142.jpg
1日は雪が降りましたからねー。
小田原は積もったようで、あらゆる道が凍結。
選手,大丈夫かな...

P1020837_convert_20150102224347.jpg
御用米曲輪発掘現場。
米蔵がここにあったらしいです。

P1020855_convert_20150102223934.jpg
小田原城本丸。 入場料:370円(割引券利用)
せっかく来たのだから、登りましょう。

城内は撮影禁止。では天守閣からの光景を、
P1020863_convert_20150102224313.jpg
小田原駅方面。
雪が去った朝は美しいですなー

P1020865_convert_20150102224428.jpg
丹沢山地。
たぶん、あの山々のなかに登った山があるはず。

P1020874_convert_20150102225010.jpg
相模湾、真鶴方面。
海も、山も、街も、見える。
そして、さえぎるものがない。

P1020882_convert_20150102233628.jpg
きっと、小田原はいつまでも城下町。
昔でも今でも、同じ光景であり続ける町。
進化を止めているのではなく進化しているから変わらない。
そんな町が羨ましいです。

箱根駅伝を応援が今回の旅の目的。
応援しつつ、箱根湯本まで散策します。

次回に続く!


-新春’箱根・小田原散策-
・新春’箱根・小田原散策その1 小田原城天守閣編
・新春’箱根・小田原散策その2 城周辺と応援
・新春’箱根・小田原散策その3 小田原城散策編









~余談~
P1020870_convert_20150102224457.jpg
この小田原という街を創り上げた北条氏。
この光景を眺めることができたのは彼の特権。
そして今、370円払って眺めることができる私。
申し訳ないです、、、

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © my pirka All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。